様々な営業職

求人情報誌を見ると、営業職にもいろいろな種類があるのがお分かりいただけると思います。提案営業、企画営業、コンサルティング営業、ルートセールス、反響営業。呼び名はいろいろとあるが定義は極めて曖昧です。ここでは、営業職を6つのファクターで分類し、それぞれの特徴を見ていくことにします。
  1. 専門系営業と総合系営業
  2. 法人顧客と個人顧客
  3. 新規顧客と既存顧客
  4. 仕様品と汎用品
  5. 高額商品と低額商品
  6. 単独営業とチーム営業
関連カテゴリー| 営業の基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。