営業に使える心理学

「買う気はなかったのについ買ってしまった。」そんな経験は誰にでもあるはずです。人は一度何らかの要請を承諾すると、二度目の要請を断りにくくなります。その心のカラクリを解き明かします。
  1. 段階的要請法
  2. 譲歩的要請法
商品やサービスを売り込む時、良い面だけを強調するのと、良い面と合わせて悪い面も示すのでは、どちらのほうが説得効果が高いのでしょうか?
  1. 一面呈示
  2. 両面呈示
  3. 一面呈示と両面呈示のどっちがいいの?
疑い深い人や理屈っぽい人を説得するのは、通常の人を説得する場合に比べて困難です。このようなタイプの人には、結論を言わない「暗示的説得」が効果的です!
  1. 明示的説得
  2. 暗示的説得
  3. 明示的説得と暗示的説得
私達は、手に入りにくいものほど貴重なものだと考える傾向があります。希少性の原理と心理的リアクタンス理論と呼ばれるその心のカラクリを解き明かしてみます。
  1. 希少性の原理
  2. 心理的リアクタンス理論
  3. 希少性の原理と心理的リアクタンスの活用法
私達は、医者や教授などの「専門家」と呼ばれる人々に弱いのです。
  1. 社会的証明の原理
  2. 社会的証明の原理の落とし穴
  3. 人は権威に弱い
  4. セールス(営業)の現場での権威の力
複数のデータを提示して説得する場合、データの提示順序によって説得効果が異なることが明らかになっています。初頭効果・親近効果と呼ばれるその心理法則を紹介します。
  1. 初頭効果
  2. 親近効果
  3. 初頭効果と親近効果
関連カテゴリー| 営業心理学
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。